車内広告が大きく減った西鉄電車

たまに西鉄電車(大牟田線)を利用するが、ここ2年ほど前から気になっていることがある。それは車内広告の減少だ。

上を見上げても空所スペースが昔より目立つ。西鉄は2007年ごろだったか、つり革の広告を廃止した。理由は忘れたがその頃から広告の依頼は減っていたかもしれない。西鉄福岡駅のホームにあった大広告もいつのまにか姿を消した。JR、西鉄福岡市地下鉄の中では西鉄が一番広告が減ったように感じる。逆に福岡市地下鉄は昔も今も広告にバラエティがあって豊富だ。

 

広告が減った理由は一つではないと思うが、素人が真っ先に考えついたのはスマホだ。そもそもスマホというのは下を向いて扱うものである。一般的な車内広告は頭の上、つまり頭上にあるがスマホをいじっているとそもそも視界に入らない。第2の理由はネット広告だ。ネットに掲載した方がたくさんの人に見てもらえやすい。しかしネット広告が主な理由ではないと思う。それは車内広告のほうが地域性があって沿線の広告を出しやすいし地下鉄などは現に沿線の広告がたくさんある。

 

ところで西鉄電車で以前に比べて存在感を増しているのは社告、つまり自社広告だ。主にマナー啓発の内容が多いが掲示しないよりはマシなんだろうか。しかし正直マナーマナーと押し付けられている感じも否めない。乗客も乗客であまりにもひどい人はあまり見ない。たまに音漏れしてる人はいるが。車内自体もスマホを操作する人が増えたせいか、かなり静かになっている。これはこれで結果的にはこれがマナー向上なのかといえるのだろうか。

 

従来の広告が減ったが、西鉄電車はときどき全車フル広告ラッピング車両などを行うことがあって面白い。また新型列車の西鉄9000形はドア上に電子看板を搭載。様式は東京の山手線などのトレインビジョンに近い。現在は割引きっぷなどの自社広告のみを流しているが将来的には様々な広告も流す日が来るのだろうか。今後に期待したい。

 

福岡にも増えつつあるコンビニセルフレジ

我が福岡にもコンビニのセルフレジが増えつつある。スーパーのセルフレジは2013年ごろから見かけ始め、現在では多くのスーパーで目にするようになったが、コンビニは福岡市やその周辺ではほとんど見ない。以前NHKニュースでも取り上げられていたが、福岡のコンビニのセルフレジの設置1号店はファミリーマート博多駅前3丁目店であろう。ここはJR九州の本社が入るビルの1Fにある。なお下記の記事によるとJR九州の子会社がフランチャイズ契約をしているファミリーマートの10店舗に設置するとのことである。去年の8月に東京に行ったが、ファミリーマートの数店舗でセルフレジが導入されているのを目にした。おそらく福岡でも都市部のコンビニを中心に導入が進むだろうが、5年後にはコンビニのセルフレジはスーパーと同じように当たり前の光景になるのだろうか。

www.sankei.com

 

f:id:ausoe:20190112223715j:plain



写真はファミリーマートJR博多シティ店に導入されたセルフレジ。

ひと昔の西鉄福岡駅の想い出 なくなったモノ

記憶が薄れつつあるので自分用メモ。2004年~2006年ごろの話である。

 

天井から吊り下がった大広告

今の福岡駅ビルが開業してからしばらくの間、ホーム上の頭上の天井部分から大広告が何種類も吊り下がっていた。(写真参照)

 

水槽

改札内の待合ベンチ付近に水槽が2つだったか3つあって中にはたぶん熱帯魚が泳いでいた。忘れた頃に撤去されてしまった。(2010年には既になかった記憶)

 

列車入線時にお辞儀をするおねえさん

駅の人だったか三越の人だったかは忘れたが、日曜の昼過ぎなどに福岡駅に入線する列車に対しておねえさんがホームの大牟田側の先端でお辞儀をしていた。全時間帯だったかは不明。このおねえさんもいつの間にかいなくなってしまった。

余談だが当時は岩田屋だったかエレベーターガールがまだ存在していた時代である。

 

また思い出したら追記する予定。大広告に関してはそもそも西鉄電車自体で車内広告が一昔前に比べるとかなり減少した。かわりに社告が掲示されている。

 

 

 

「最近」という言葉ほど使う人によって曖昧な言葉はないよね

題名通りですが使う人によって時期(意味)が違いますね。似たような言葉では「近く」とか。(例:おじさんから家は駅の近く~と言われて家まで駅から歩くと20分かかり自分がイメージしていた近くとは違った)

 

 

「まちトーク」というひっそりと終了したアプリ知っていますか?

去る2013年頃の話。カカオトークを提供する会社から「地域匿名コミュニティサービス“まちトーク”」というアプリが配信されていた。

 

これはイメージで言うと2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の地域版やまちBBSにマップ機能を追加したと表現すればお分かり頂けるだろうか。要はアプリ上に地元掲示板が誰でも作成できるようになったということである。もうだいぶ前なのでうろ覚えだが、ホーム画面の日本地図から地元の場所までスクロールすると様々なアイコンが地図上に表示されて様々な地元の話題が投稿者匿名で投稿されていた。我が福岡県も福岡市内などがよくアイコンが表示されていた気がする。中には地元オフ会のお知らせなどもあったな。

 

そんなに頻繁に見ていたわけではないが、しばらくすると利用規約の変更といった表示がでかでかと表示された。そして忘れた頃に起動すると地図は表示されるものの何もかも真っ白という具合だった。公式アナウンスでの終了のお知らせといった通知もどこにも見当らなかったが実質配信終了したのである。

 

不思議なことにこのアプリに言及したサイトがアプリ紹介サイトを除くと一つも見当たらないのでここで触れました。知ってる方いますかね。

 

f:id:ausoe:20181228154949j:plain

app-liv.jp

日本版セブンアップとアメリカのセブンアップを飲み比べ→微妙に違った件

こんにちは。更新がまた久しくなってしまいました。ブログネタはいくつかあるので、思い立った時にすぐに書くのが理想ですね~笑

 

さて、みなさんは街中でこのようなデザインのジュースをありますか?

 

f:id:ausoe:20170528105450j:plain

 

7up...「セブンアップ」というのですが、知らない人も多いんじゃないでしょうか。注意してサントリー系の自販機を探せば5台に1台は入っていると思います。そもそもコカコーラ自販機が多すぎ

 

スーパーやコンビニなどでは見たことはないですね。自販機限定なのかも知りません。

ちなみに日本では缶だけの販売らしいです。wikiを見ると以前はペットボトルでの販売もあったみたいですね。

 

個性ある商品が多く揃う北野エースに行ったら輸入版の7upが売っていたので比較することにしました。

 

 

f:id:ausoe:20170528110511j:plain

 

右が日本の7up、左がアメリカの7upです。

 

 

 

日本

 

                

 

f:id:ausoe:20170528105450j:plainf:id:ausoe:20170528105449j:plain

 

購入場所:自販機

130円

 

まずはデザインから比較しましょう。日本の7upはなんだか落ち着いていますね。

一枚目の写真そのままですはいw

 

炭酸の強さはそこまでなくレモンを強く主張した味がして飲みやすかったです。

日本のほうが炭酸はそこまで強くないので万人向けだと思います。悪く言えば刺激が少ない。

 

アメリカ

 

 

f:id:ausoe:20170528105437j:plainf:id:ausoe:20170528105446j:plain

購入場所:北野エース

100円

 

アメリカの7upは日本に比べると少し派手ですね~笑

ちいさなレモンの絵もあって強調しています。

真ん中の丸い赤いやつが日の丸の赤いやつにみえたのは自分だけでしょうか笑

 

日本のよりもまず炭酸が強いというのが第一印象でした。その後、徐々にレモンの味がしました。刺激はデザインといいこっちが強かったです。

 

 

 内容量はアメリカ版のほうがほんのちょっと多いんですね。両方とも味の大きなベースはあんまり変わらないと思います。ただ缶のデザインと味が比例していましたw

 

 

 

f:id:ausoe:20170528111155j:plain

 

重ねてみた。順番は関係ないですよw

 

 

 

「君の名は。」をいまさらながら2回も見たので気がついたことメモ(ネタバレあり)

こんにちは、ausoeです。今さらなんですけど最近「君の名は。」を2回も見に行きました。実をいうと正直なところ公開直後からしばらくはあんまり興味がありませんでした。なんか恋愛メインかなあと思ったし、あんまり高校時代によい記憶がない自分からしたら、軽く鬱になるかなあと思って避けていました笑。事前に知っていたのはたしかテレビの宣伝などで見た入れ替わりがテーマということ、ネットを見てネタバレした隕石、あとかなり前に見た「秒速~」の監督が制作したということは知っていました。

 

結局、劇場まで足を運んだ決め手は上映期間が長かったことです。だって去年(2016年8月公開)の映画が現在(2017年4月)までずっと公開されているんですよ?これってすごくないですか?半年以上公開されているんですよ?劇場によっては上映を終了したとこや、1日1上映のみに短縮された劇場も多くありますが、これだけ上映が長いと内容が気になってしまって見てしまいました。

 

なぜ2回も見たかというと、初見は鼻の調子がわるくあんまり集中できなかったのもあるんですけど、単純にまた見たくなったんですよね笑

 2回見るといくつか気がついたことがあったのでここに書いていきます。

 

いや~隕石というキーワードはネットを見たせいで知ってはいたんですが、瀧達が高山ラーメンのおっちゃんの軽トラで糸守町に行った際の隕石直撃で荒廃した糸守町の姿は本当に愕然としましたよ。隕石っていうのは自分の中でネタバレしまっていたんですが、まさか主人公も含めて亡くなっていたとは...

 

 

気がついたところ

 

  • 高山ラーメンのおっちゃんのトラックがモブで何回か登場している。

まず1つ目は冒頭の来期の町長選挙への三葉パパの演説シーンで近くに止めてある車の中に高山ラーメンと書かれた軽トラが確認できました。2つ目は三葉たちが町の避難計画を進めようとする中でお祭り中の神社が発電所爆発により停電を起こすシーンで、下を走っていた公道の車列の中にも同じトラックが確認できました。このラーメン屋のおっちゃん、終始無表情で少し怖い印象もありますが自分は好きです。このおっちゃんの協力がなければ瀧は三葉との再会ができなかったわけで名脇役ですよ。台詞からして元々は糸守に住んでいたそうですが、隕石が落ちた時には被害地域からは遠くにいたのか難を逃れ彼も被災者であるということを暗に示しています。

 

  • 勅使河原克彦(テッシー)の家のカレンダーが「2013年9月」になっている。

これも注意しないと見落としてしまいますが、テッシーの家の壁紙のカレンダーに「2013年9月」とはっきり確認できました。ちなみにその後の入れ替わりシーンで瀧が通う学校の文化祭のポスターに大きく「2016」というのが確認できます。カンがいい方はこの2つの伏線でその後の展開がある程度読めていたかも。

 

高山ラーメンの店内にある本棚に「こち亀」らしきものが確認できるんですよ。こち亀って41巻から46巻くらいまで揃えると両さんの全身絵ができるんですがそういうのも忠実に再現されててファンとしては嬉しい。ラーメン屋や床屋の本棚に「こち亀」って絶対ありませんか?笑

 

  • 廃部になった部室にEXPO’70、つくば博、愛・地球博の観光ペナント

三葉たちが避難計画を考えるために廃部になった部室(アマチュア無線部、マイコン部すごい...)を使うシーンがあるんですけど、壁にEXPO’70、つくば博、愛・地球博のそれぞれ万博の観光ペナントが貼ってあります。ペナントって以前一回だけ近所にあった駄菓子屋で見たことがあるのですが、名前は知りませんでした。Wikiを見るとかつては土産店などにあったそうです。たしかに見たことはないなあ。愛・地球博は平成の2005年ですが実際にもペナント売っていたのだろうか。

 

  • 東京駅の呼び出しチャイムがそのまんま

瀧が三葉に会いに行くためにJR東京駅構内を歩いているシーンでピンポンパンポンという呼び出しチャイムが流れるのですが以前東京駅に行った際にきいたチャイム音そのままで少し感動。東京の電車のドアの開閉時のチャイム音といい、首都圏にお住まいでJRをよく使われる方はかなり身近に感じたのでは。ただ他の方のブログを見てたら○○駅に○○系はありえない!といった意見もありましたが、地元の方にはわかるんでしょうかねえ。個人的にはむこうの電車は全く知らないせいか違和感はありませんでしたが。

 

これくらいかな。初見の時はモブででていたトラックとカレンダーは全く気づかなかった。最後尾の席だったのもあるのかなあ。2回目は前から4列目ぐらいで見ました。映画館の座席選びって悩みますね。

 

次回は印象に残った箇所について書こうと思います。